中田 将也 | 沖縄地区 エリアマネージャー

中田 将也 Nakada Shoya

2013年入社 沖縄地区 エリアマネージャー

ステップアップの実感。

今はみんながスムーズに仕事が出来るように、沖縄地区の売上や店舗の管理、人の採用や教育に大きく携わっています。その他の業務としてはデベロッパーさんとのやりとりや、物件開発を主にやっています。

今までは基本的に店舗で「お客様対自分」という関係が大きく占めていたんですけど、今は外部の方とのB to Bの仕事が増えました。自分の関わる人が増えてきているということにやりがいを感じると同時に、店舗を経験している自分がエリアマネージャーという役職になったので、常に気を引き締めていないといけないという意識を持つようになりましたね。

「耳を傾ける」ということ。

エリアマネージャーは自分が全部指示をするというより、どちらかというと全体感を見て指示を出すので、自分は常に中立の立場でいなきゃいけないということを心がけています。

いろんな意見を聞くけれど、それが正解でもないし不正解でもないっていうのを常に意識して、まずは相手を否定しない。それから問題解決に落とし込んでいくようにしています。

いろんなスタッフから連絡が来るようになってきているので、みんなも言いやすい環境が作れているんじゃないかなと思います。

可能性の追求。

OWNDAYSを沖縄で一番のメガネ屋にするっていうのは当然考えているんですけど、本当に大きな目標としては将来的にOWNDAYS沖縄っていう子会社を作って本社機能を沖縄にも置けたらいいなと思っています。

沖縄って「世界の窓」みたいな場所になっていて、観光客も増えているという現状があるので、これからさらにいろんな国の人も働き始めてくると思います。例えばカスタマーサービスや情報システムの部署を沖縄に置くことで、さらに可能性のある沖縄を盛り上げていきたいなと思っています。